読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく帳

ハンドメイド・ドール・犬達との日常・古民家暮らし

保護犬について

前回生体販売のシステムをブリーダーさんからか

保護犬等の検討をという事を書きましたが旧ブログから

昨日保護犬に関しての酷い記事を拝見しまして

怒りに震えました。

 

ameblo.jp

 

保護犬は辛い環境で飼育されていたり虐待されていたり

様々な悲しい環境から保護されてきたこですから

何かしら人間に対して不安を抱えていたり前の飼い主の

癖をすり込まれていたり様々です。安易にタダだからとか

かわいそうだからとかで飼えるものではなく

最初から慣れるこもいるでしょうが根気と覚悟は

必ずいるものです。

この記事の引き取った方も最初はかわいがろうと

思っていたのかもしれません。

なつかない→かわいくない→放置・虐待

そういうケースかもしれません、そういう場合は

悲しい結果になる前に自分には飼育は無理だと

申し出るべきだと思います。あるいは最初から

虐待用に引き取るとかそういう里親詐欺も

少なくはないとか…

保護活動されている方も里親探しは苦労するでしょう。

保護犬の里親になるには色々厳しい制限があったり

するのはこの為かと思われます。制限があっても

このようなことが起こりますから…

とにかく安易な気持ちでの保護犬の引き取りは

できないということです。