てくてく帳

ハンドメイド・ドール・犬達との日常・古民家暮らし

老犬のケア

ぱんちょは何年か前に老犬になると足腰が

弱くなり発症しがちなナックリングが後ろ足に

でまして歩くことが困難になりました。

 

20代の頃は動物病院でトリマー兼動物看護士を

させていただいてたのですが、その時に同じような

症状の柴犬が来院し飼い主によると日中働いてるので

歩けなくなった愛犬の面倒を見る人がいないので

経過が悪ければ安楽死をも考慮しなければ

ならないということで入院しました。

飼い主に忠実な日本犬なのでお世話する私には

懐いてくれずご飯は食べないし衰弱する一方。

そこで外が大好きと聞いていたので抱っこして外に

お散歩に行ってみたらつまんなそうにしていた顔が

一瞬でイキイキとしたんです。なので朝晩外に連れ出して

お散歩することに、だんだん心を開いてくれるように

なりました。時には下におろしてあげたりしてたら

最初は全然歩けなかったのに自分から立とうと

頑張りだしたのです。そして歩けるようになり退院。

その後かなりの老犬でしたので1年程で亡くなったそうですが

お庭を走れるようにまでなっていたそうです。

 

この例があるのでぱんちょの時もお外が好きなので

歩けなくても外にお散歩に行きました。

そして歩き方は変ですが歩けるようになった!

犬は人間と違い趣味の範囲が狭いですから

治療も大切ですが好きなことへのアプローチ

や精神面でのケアーはとても重要だと思っています。

 

f:id:tekutekupan:20160407113937j:plain

 

暖かくなって雑草もですがレモンバームがすごい勢いで

勢力拡大中。昔住んでいた方が植えたのかな?

 

f:id:tekutekupan:20160407114251j:plain

広告を非表示にする